近江八幡市の外壁塗装・屋根塗装はプロタイムズはちまん店へ

スタッフブログ

「外壁」凍害の危険性

いつもお世話になっております。

プロタイムズはちまん店 青木です。

 

10年に一度の大寒波が来まして、ここ近江八幡市でも積雪30センチ以上となっております。

そのため工事はお休みしています。

 

この時期に多い現象は「凍害」です。

凍害とは、塗膜の防水機能が低下していたりひび割れた隙間から外壁基材に水分が入りその水分が、凍って膨らむことで体積を増やしボロボロと崩れていきます。

 

サッシ下の角は外壁から伝ってきた水が溜まりやすく被害が多いです。コーキングが劣化し痩せてくると、サイディングとの隙間から水が入り凍害が起こりやすいです。

一度凍害が起きてしまうと、基材のセメントがむき出しの状態になり著しく水分を吸収し劣化を進行させますので放置はかなり危険です!

 

最悪の場合、サイディングボードの貼り替えをしなければいけないので余分な費用がかかってきます。

凍害が起こらない為にも、定期的なメンテナンスが必要ですね。

 

屋根・外壁塗装でお悩みの方はプロタイムズはちまん店までお問い合わせ下さい!

 

 

 

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top